【治療日誌】突発性難聴(3) No.2

突発性難聴

主訴:突発性難聴

2診(前回施術から18日後)

突発性難聴

耳鳴と耳の閉塞感は
3〜4日後には消失し
音もよく聞こえてるようになったので
聴力自体の減退はなかったよう。

左耳は好調だが
左肩が凝るようになり、
2診目はこちらを診て欲しいと
依頼を受ける。

肩凝りといって侮るなかれ。
この左耳の突発性難聴と
左肩凝りは別物ではありません。
前回施術して左耳に停滞していた気が
下に降りてきた為、
左肩の凝りがきつく感じている
可能性があります。
逆に言うと、この肩凝りを
放っておくと また上気した時に
耳に停滞し塞いでしまう恐れがあるので
ここで左肩凝りを治めることで
突発性難聴の再発を防げるわけです。

前回に比べ心気は通り
腎気も建っていたので、
今回は肝鬱気滞のみ鍼で捌きました。

つづく

 

↓今までの治療日誌はこちら
【治療日誌】突発性難聴(3) No.1

 

>

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG