【治療日誌】双極性障害Ⅱ型 No.1

主訴:双極性障害Ⅱ型

初診

双極性障害Ⅱ型

身体的な症状をまとめると…

①頚椎ヘルニア
②アトピー性皮膚炎(額・膝窩の痒み)
③目が重い
④くしゃみ、鼻水
⑤大食
⑥変形性膝関節症
⑦頻尿
⑧月経前症候群(ピル服用中)

といった症状があり、
一番辛いのは④くしゃみ、鼻水。

室内〜屋外のように
寒暖の差が激しくなってくると、
自宅〜最寄駅まで徒歩5分くらいの
距離を歩いただけで、
ハンカチが台無しになる程
大量に鼻水が出るとのこと。
また、目が常に重くて辛い。

 

(詳しい問診事項は割愛します)

 

様々な症状があるが、
一つ一つの症状を弁証するのではなく
根本的にどの臓腑が弱いのか?
治療する上でどこを優先的に
治療していくか?
邪だけみれば瘀血も湿痰も気滞も
あるが、
どの臓腑が”今現在”弱っているか?
久病の場合は虚が何層かになってるので
丁寧に治療計画を立てないといけない。

初診は脾気虚弱と診立て施術。
施術中よく気が緩み眠ってました。
脾だけでなく、他の臓腑が
今後どう動いていくのか?要注意です。

つづく

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG