【症例】腰痛・ギックリ腰・坐骨神経痛など

腰痛・ギックリ腰・坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア・腰椎変性すべり症などで

お悩みの方の症例をご紹介します。

腰痛:
40代  男性  会社員

・初診

腰痛

腰を痛めてしまい
鍼灸院(他院)で施術を受けるが
逆に悪化し、
その後も通院するが痛み改善せず。
ネットで当院を探し施術依頼される。

痛みの場所は左胃兪~大腸兪辺り。
×前屈 ×後屈 ×朝起きた時
が痛くて辛いとのこと。
慢性的な軟便・下痢があり、
昔から脾胃が弱いよう。

 

(詳しい問診事項は割愛します。)

 

脾胃の虚損が激しい。
話を伺うと、
前診てもらった鍼灸院では
下法を何回も施されたようで
「今よりさらに
下痢する可能性ありますが
それでスッキリします」
という説明を受けたよう。
確かに舌診にて舌根部で
白膩苔が診受けられたが
これを”下焦の湿痰”と診立て
下法しまくったと推測される。
結果、腰痛は悪化しているので
診立てが間違っていることが分かる。
これは脾虚湿盛による湿邪の停滞で、
湿邪は重濁の性質を持つので
下焦に停滞していた。
この場合、
いくら下焦を祛湿しても意味ないし、
何回も下法を施すと
脾胃を傷める可能性があり、
実際 脾胃を傷め気虚からくる
気滞も発生していた。

治法は健脾利湿。
施術中からジワジワ体が温まってきた。
誤治による正気の弱りを
取り返す必要があるので、
しばらく間隔を空けずに診ていく。

 

・4診(前回施術から6日後)

腰痛

初診~3診までは集中的に診て、
3診~4診は6日間間隔を空けたが
腰痛⓪になっていた。
下法で傷めた脾胃も回復し
慢性的な下痢→良い形の便が出るようになる。
他院での誤治以前より
良い状態に整え補強しておいた。

調子が良さそうなので
今回を以て施術は終了。
今後はメンテナンスで
たまに診させてもらう予定です。

・施術回数
4回

・頻度
週3回→6日空けて1回

・期間
約2週間

ギックリ腰:
50代  男性  

・初診

ギックリ腰

 

患部は右大腸兪付近。
腰の前屈、後屈ともに痛みあるが
ベッドから起き上がる時や
椅子から立ち上がる動作が辛い。

飲酒は週4日ほど。腰を痛めた日は
いつも以上に飲み過ぎたよう。

過去に数回ギックリ腰を患っており
いつも同じ場所を痛める。

 

(詳しい問診事項は割愛します。)

 

気滞もあるが、
下焦で湿熱となって停滞しているので
これを攻下法で処置する。
施術直後はまだ腰痛そうだったが、
帰りは背筋が伸びて歩けていた。
時間が経つにつれ効果出ると思うが
また直近で診させてもらう予定。

 

・4診(前回施術から10日後)

ギックリ腰

初診施術後から腰が軽くなり、
2診目は⑩→⑤と半減し
3診目は⑤→⓪と痛み消失する。
調子が良いので施術間隔を10日空け、
その間飲酒もしたが
4診目も調子良かったので
今回を以て施術終了しました。

 

・施術回数
4回

・頻度
週3回→10日空けて1回

・期間
約2週間

坐骨神経痛:
40代  女性  主婦

・初診
坐骨神経痛

患部は
左大腿外側~左下腿外側にかけて

痛みと痺れがあり、
踏ん張ってイスから立ち上げる時や
朝起床時、寝返りをする時に
痛みがきつい。
左側に荷物を持つ習性があり
それが原因ではないかと自覚される。
現在妊活中で、サプリを飲んだり
水を多く飲むようにしているとの事。
薬は服用したくないので
整形外科には通院せず、整骨院で
マッサージを3回受けるも
症状の改善がなく

今回初めて鍼の施術を受けることに。

(詳しい問診事項は割愛します。)

色々伺ったところ
妊娠に向けて体調を整えるにあたり
自分で色んなことをネットで調べて
様々なことをトライしている様子で、
神経過敏になっている。
荷物を左側に持つことが原因ではなく
肝鬱気滞が背景にあることが
大きく関係していると考察。
正気の弱りはなかったので
疏肝理気を施す。
施術前は左脚をビッコひいて
歩行していたが

施術直後は普通に歩行していた。
ネットで色んな情報を集めすぎて
情報過多で
頭でっかち状態になっているので、

しばらく情報を集めるのは
ストップしてもらい

体を整えられるところを整えることが
今は大事になってきます。
坐骨神経痛自体は
難しくなさそうなので

これを改善できたら、
妊活も意識した
施術に
繋げていきたいと思います。

・3診(前回施術の4日後)
坐骨神経痛

坐骨神経痛による痛み・痺れは消失。
歩行も足を引きずることなく
通常通り歩けている。
坐骨神経痛の施術依頼は達成したので、
今回から不妊治療の後押しで
施術させて頂くことになりました。

・施術回数
3回

・頻度
約週1回

・期間
2週間

ギックリ腰:
50代  男性  自営業
・初診

ギックリ腰

患部は左大腸兪付近。
前屈をすると腰部の痛みと
左脚大腿後面に痺れが出て、
酷い時は足先まで痺れる。
患部は湿布を貼っているが効果なし。
朝、起床して洗顔する時が
一番腰が痛いが、
少し時間経ってから洗顔する時は
痛みマシになる。

腰は数年に一回は傷めているようで
最近では久しぶりのギックリ腰だそう。
また、年齢のせいか最近疲れ易くなり
1
日に何件も出かける事がなくなる。

 

(詳しい問診事項は割愛します)

 

患部は大腸兪付近ではあるが、
四診から大腸は問題なさそう。
症状の特徴は気滞による痛みだが、
脾と腎の弱りが目立っていたので、
気虚ベースの気滞症状と診立て
これらを補気して扶ける。
施術中からお腹よく動き、
施術後は腰が軽くなる。
朝起床してすぐ洗顔時の
腰痛がポイントなので
翌朝の調子を診てもらい、
報告してもらうことに。

 

・2診(前回施術から4日後)

ギックリ腰

日を追う毎に痛み軽くなり
施術した2日後には筋トレしても
痛みがないくらい軽くなっていた。

施術に満足されたので
今回を以て様子見るが、
まだ治ったばかりの状態なので
普段気をつける注意点だけお伝えし
施術終了しました。

 

・施術回数
2

・頻度
なし

・期間
4日間

 

ギックリ腰:
50代  男性  会社員

・初診

ギックリ腰

ギックリ腰は昔、
クセになっていたようで
3回痛めたことがあった。
このままではダメだと思い
生活習慣を見直し、
毎日運動するようになった。
運動することで
肥満気味だった体重も落とし、
十数年来 落とした体重をキープして
ギックリ腰が出ることなく
過ごせていた。

問診を進めていくと、
運動はずっと継続しているようだが
1年前のある出来事により
生活環境が大きく変わり、
精神的な負荷も考慮される。

また、飲酒する習慣があり、
長年毎日飲酒しているとのこと。

 

(詳しい問診事項は割愛します)

 

大腸湿熱と気滞が結し
気機を阻滞し
ギックリ腰を
発症したものと診立てる。

施術後は腰が少し軽くなっていた。

ここ1年で飲酒量が増えたのも
関係していそうだが、背景を考えると
致し方ないところもあるので
腰が痛い内は、飲酒量を減らすよう
お願いしました。

 

・2診(前回施術から12日後)

ギックリ腰

GWを挟んだため、
2週間近く間隔空いてしまったが
初診の2日後には前屈がラクになり
腰の痛み消失した。

GW中は
飲酒も控えてもらったみたいで
患者さんの協力もあって
早期に回復できました。
これを機に、週に何日か
休肝日を作って
内臓休めて下さいね。

 

・施術回数
2
回(実質1回)

・頻度
なし

・期間
なし

ギックリ腰:
50代  男性  会社員

・初診

ギックリ腰

ギックリ腰を患って約1ヶ月経つが
整骨院に通院しマッサージを受けても
なかなか改善しない。
1週間前にさらに腰を痛めてしまい
湿布や薬では治らないので、
当院に施術依頼のご相談をいただく。

患部は左大腸兪付近。
仕事はデスクワークで
長時間椅子に座ることが多く、
よく腰は痛めていたが
ここまできつい腰痛は初めて。

痛みの特徴は
長時間静止した状態から
動き始めの痛みがあるのと、
長距離歩いていると
だんだん腰が痛くなってくる。

 

(詳しい問診事項は割愛します)

 

虚実錯雑しており、
ガチガチかつ古い気滞血瘀もあれば
深い正気の虚もある。
正気を傷めないよう活血化瘀し、
扶正も同時に施す。

施術直後は
症状の変化はなかったが、
四診の変化を診たので
初診の施術を終了。

 

・2診(前回施術から1週間後)

ギックリ腰

仰臥位から腰を持ち上げる動作以外は
割とスムーズに動けるようになる。
腰を痛めてから休んでいた
ジムでの運動も再開し、
ウォーキングマシーンでよく歩く
ようにしているとのこと。
(筋トレはまだ怖いのでしていない)

気滞血瘀の反応マシで、
正気も建ってきているので
順調にいけばあと12診で
改善できそうです。

 

・3診(前回施術から9日後)

ギックリ腰

前回施術の翌日には
腰の痛み⓪になり消失。

ジムでウォーキングはしていたが
ランニングにトライしてみたところ、
腰の痛みなく走る事ができた。
ダンベルなどの筋トレは
まだ腰に負担ありそうなので
やらなかったようだが、
ギックリ腰による痛みは完治。

 

長期間に渡るギックリ腰
といった症状でも、
症状に合わせた施術ではなく、
体に合わせた施術を施せば
早期に改善可能です。

 

・施術回数
3


・頻度
約週1


・期間
約2週間

腰椎変性すべり症:
80代  女性  主婦

腰椎変性すべり症

20224月某日
自宅の階段を下りている時に
足を滑らせ転倒し、左腰を強打。
左肘や左肩も打ち付けるが
元々あった、腰椎変性すべり症が
これを機に悪化しないか危惧。
過去に整形外科や整体で診てもらうも、
改善しなかった経緯より、
鍼灸を受けてみようと
楓庵に問い合わせ頂く。

腰椎変性すべり症

 

患部は左大腸兪付近の痛み。
図にある通り、
ストックを杖代わりにしないと
歩行が困難な様子。
腰は動き始めの痛みが辛い。
また、1ヶ月前に
脳梗塞を患っており、
8日間入院するも後遺症もなく退院。
血液をサラサラにする
薬を服用中とのこと。

ご主人も82歳と高齢で
介護を受けているので
自分が動けなくなると
家族に迷惑がかかってしまうと
ので早く治したいとのこと。

 

弁証:
脾胃湿熱、肝鬱気滞

 

治法:
清熱利湿、疏肝理気

 

・初診
施術後、少しラクになる。
しばらく詰めて来てもらうように伝え
次回、翌日に予約してもらう。

 

2
前回施術翌日。
起き上がりの腰の痛みがマシ。
昨日よりスムーズに動けるようになる。

 

3
前回施術から3日後。
転倒による腰や肩、肘の痛みは
大分ラクになったが、
前回施術から便秘になった。
(普段便秘になることない)

 

4
前回施術から4日後。
腰の痛み変わらず。
また、便秘も変わらないため
下剤で便を出していた。

 

5
前回施術から1週間後。
腰の痛み変わらず。
便秘も変わらず。

今回より施術方法を置鍼ではなく、
即刺即抜で施術。

 

6
前回施術から1週間。
腰の痛み大分マシになり、
動きが軽快になってきたとのこと。
大便も出てきた。

 

7
前回施術から1週間。
腰の痛みはまだあるが、
歩行時の姿勢が大分良くなってきた。
また、ストックを地面につく音が
全く聞こえて来なくなったため、
歩行もスムーズになった。

腰椎変性すべり症


現在も施術継続中。

 

・施術回数
8(現在も施術継続中)

・頻度
1回ペース

・期間
1ヶ月

ギックリ腰:
40代  女性  主婦

来院前日の夕方に
重たい荷物を運んでいる時に
ギックリ腰を発症。
しばらく安静にして
翌朝には少しマシになったが、
朝の洗顔時に腰に激痛が走る。
痛みのため急遽、
当日診させて頂くことに。

 

ギックリ腰は去年から何回か
軽度の痛みが出ていたらしく、
その都度、湿布を貼っていたら
治っていたが、今回は痛みがきつい。

 

ギックリ腰

 

患部は画像にあるように
腰陽関付近。
前屈時と動き始めに激痛が走る。

 

(問診情報は割愛)

 

舌中〜舌根部で白膩苔。
暗紅色褪せ。
脈はやや細、少し滑脈。
胃土の邪、関元付近
表在は気滞でやや冷感あるが、
裏に熱が篭った感覚あり。

下焦蓄血と診立て施術。
施術直後は症状の変化はなかったが、
四診それぞれの変化を確認。
夕方〜夜に作用するかもと伝え
この日の施術は終了。

 

2
初診から3日後。
前回施術した翌日には腰の痛み消失。
経過は良かったようだ。
しばらく瘀血を駆逐してゆき、
気滞レベルにまで軽くしてゆけば
どこかで虚してる臓腑が
顔出してくるはず。
(大体目星は付いてるが、
まだ確定ではない。)

 

3
前回施術から8日後。
ギックリ腰の激痛は消失。
雨の日は腰にジーーンとした
感覚だったり、
頭痛を感じるようになっていた。

ギックリ腰

 

瘀血や気滞が去ってきた分、
虚してる臓腑のセンサーが復活し
雨を敏感に感知できるよう
になってきた。
四診から脾気虚が
ベースにあることが判明。
今後はこれを補ってゆき、
癖になっていた
ギックリ腰の予防に努める。

 

4
前回施術から1週間。
腰は経過良く過ごせていたよう。
痛みが消失し満足されたので
今回をもって施術終了。

 

 

・施術回数
4

・頻度
約週1

・期間
18日間

腰痛:
30代  女性  パート
初診

腰痛

もともと腰は
たまに痛み出る程度だったが、
子宮筋腫の摘出手術を受けてから
腰がダル痛い。
手術後、痰がやたら出るようになり
痰を喀出しようと咳すると
腰に響いて痛い。
腰をかばい歩行するとドッと疲れて
家で横になることが多い。

 

(問診事項は割愛します)

 

子宮筋腫の摘出手術の際に
脾腎を傷め正気が弱ってしまう。
また、
手術で腹筋に力が入らないので、

普段から全身で力んでしまい、
気滞を起こし気機が下焦に巡っていない。
現象としての気滞は置いといて、
脾腎を同時に扶正していく。

施術後はお腹に少し
力入りやすくなっていた模様。

 

 

3診(前回施術から1週間)

腰痛

週一回ペースで施術中。
腰の痛さや重だるさは大分マシ。
痰の量も大分減った。
ただ、まだ子宮筋腫の術後のため
下腹部に思うように力が入らず
長距離の歩行や長時間の作業すると
寝込んでしまう。

脾気は大分建ってきたが
腎がまだ十分に建っていない。
今後は補腎をメインに
施術を重ねてゆく。

 

 

5診(前回施術から1週間)

腰痛

腰痛に関しては痛み消失。
子宮筋腫の手術による下腹部の
力が入らないのも最近はマシ。
(全快ではない)

子宮筋腫の術後の経過も順調で、
次回は5ヶ月後に病院で診てもらう予定。
手術前日まで服用していた
月経を止める薬を止めて1ヶ月経つ。
本来なら薬を止めて23ヶ月で
月経が再開すると
医師に言われていたが

1
ヶ月で再開した。
恐らく鍼で婦人科に響かせる
施術もしていたので

月経再開が早まった模様。

腰痛に関しては依頼達成しているが、
婦人科のケアがもう少し必要なので
しばらく継続して施術を重ねる。

 

・施術回数
5

・頻度
1回ペース

・期間
1か月

腰痛:
30代
女性 看護師

 

腰痛

 

職業柄、忙しいときは
走り回って一日中バタバタするため
足腰に負担あり。
患者さんの移乗などで腰を痛める。

休みの日にマッサージに
いったりしていたが、
その時は楽になっても
翌日には痛みが戻る。

痛みの根本的な改善を希望し、
友人の紹介で施術依頼される。

弁証:
肝胆湿熱

治法:
清熱解毒

・初診
施術後、体の緊張感が抜けた感覚あり。
しばらく週1回ペースの通院してもらう。

2診〜6
仕事多忙だが、
よく眠れるようになったおかげで
疲れ溜まることが減ってきた。

そのため、
仕事で負荷があっても
腰の痛みが軽くなってきた。

7診〜10
腰の曲げ伸ばしも楽になり
動きが軽快になる。

経過良好なため
定期的な施術は卒業し、
時々メンテナンスで診せてもらう。

 

・施術回数
10

・頻度
1回ペース

・期間
2ヶ月

・職業柄、腰の負担は変わりませんが、
一晩寝たら回復できる体に調ってきました。

腰痛:
30代 女性 主婦
腰痛

 

1歳の1児の母。
慢性的な腰痛があり、
家の近くの鍼灸整骨院に
通院してマッサージや
鍼を受けているが、

施術直後は楽になるものの
本質的な改善はなし。

体があちこち痛み、

子育てにも支障が出てきたので、
知人の紹介のもと
体質改善を目的に施術依頼される。

弁証:

肝腎陰虚

治法:

肝腎同時に陰分を補う

 

・初診
⑩あった腰の痛み
→⑤になり楽になる。

小さい子どもがいるため、
あまり短い間隔では
通院できないとのことなので、
2週間1回ペースで通院してもらう。

 


・2診

2週間間隔が空いたため
腰痛⑧くらいに戻るが、
施術後③でかなり楽になる。

 

・3診
前回より2週間。

痛みが戻って⑦になるが
施術後②に寛解。

 

・4診
前回より2週間。

また痛み戻って⑥になるが、
施術後は①に寛解。

 

現在 負担が出ても③〜④で
マシな状態で、
施術後は⓪でかなり楽になってきた。

 

施術継続中。

 

 

・施術回数 
現在5診(継続中) 

 

・頻度
2週1回ペース

 

・期間
約2ヶ月

 

・2週間間隔のため
症状に波はあるものの
何とか落ち着いてきました。

患部に刺さない鍼が
初めてだったらしく、
全身がスッキリしていることに
驚かれてましたね☆

今後も体調管理はお任せ下さいね。

坐骨神経痛:
60代  男性  会社員

 

坐骨神経痛

 

62 男性 会社員。

60歳の時に定年退職。
雇用形態を変え、会社に勤めている。

基本的にデスクワークで
あまり動くことはないが、
1年前から足腰の痛みが出てきた。

整形外科で坐骨神経痛と診断を受け、
痛み止めと湿布を処方されるも
痛み引かず、
むしろ日毎に症状がきつくなってきた。

長距離歩けなくなり、
5分ほど歩くと痛みで前に進めず
23分休むと痛み和らぐ(間欠性跛行)
1年経っても整形外科の治療で
良くならないため
鍼施術を依頼される。

 

弁証:
陽明熱結

 

治法:
清熱解毒

 

・初診
鍼した直後から
体が軽くなり歩きやすくなる。
しばらくは週1回ペースで通院してもらう。

 

 

2診〜5
施術後5日間は痛み
③ほどで落ち着いている。

歩く時間も連続して
10分ほど歩けるようになる。

10分歩くと痛みが⑤。
休憩
1分で回復。

 

 

6診〜10
痛みの質が変わり、
筋肉痛のような痛みになる。
表面的な痛み③になってきた。

15分歩行可能になり、
痛み出ても③。
30秒ほど休めば回復。

 

 

11診〜13
痛みが消失し、
表面的な違和感のみになる。

30分歩行可能。
30分経っても違和感がある程度で
休憩なしでも大丈夫になってきた。

坐骨神経痛

 


・その後
1ヶ月に1回ペースでメンテナンス中。

 

・施術回数
13

・頻度
1回ペース

・期間
3ヶ月

飲食不節にならぬよう注意しました。

坐骨神経痛:
60代  女性  事務職

 

坐骨神経痛

 

4年前に転職して以来、右臀部に痛みを発症。
仕事が変わって椅子が変わったためか?
と思い、仕事に慣れるまで
そのまま放置していたが、
段々と左の臀部も痛くなってきて
整形外科を受診し、
坐骨神経痛と診断を受ける。

湿布を処方され、湿布を貼り
様子をみるも痛み改善されず。

知人の紹介で来院。

 

弁証:
陽明の湿痰と瘀血

 

治法:
活血化瘀、去湿

 

 

・初診
施術後体軽くなる。
1回ペースで続けて診させてもらう。

 

 

2
前回施術後、主訴とは別で
耳鳴りが小さくなったとのこと。
(耳鳴りがあったことは
この時初めて聞きました)

坐骨神経痛の痛みも和らぎ、
椅子座った時の痛みもかなりマシになる。

坐骨神経痛

 

3
左臀部の痛みやや残るも、
かなり楽になってきた。

 

4
経過良好。1週間は良い調子なので
次回より間隔を空けてみる。

 

 

・その後
施術継続中。

 

・施術回数
定期的な施術は4

 

・頻度
1回ペース

 

・期間
1ヶ月
(その後はメンテナンスで間隔を空けて診てます)


よくよく運動して頂くよう指導しました。

坐骨神経痛:
50代 女性 事務職


50代を迎え、
多汗や肩甲骨の痛みなど
更年期障害のような症状が出始める。


日常生活に支障がない程度だった為、

そのまま様子見ていると
段々と足腰に痛みが出てきた。

 

主に右臀部から大腿後面にかけて
仰臥位(仰向けに寝る状態)だと
痛みがきつい。

 

坐骨神経痛

 

痛みのため、夜が眠れなくなり
睡眠不足が続いている。

 

整形外科を受診し、
坐骨神経痛と診断を受け
薬を飲んだり、
ストレッチしても一向に改善せず。

 

知人の紹介で楓庵を紹介頂き
診させてもらうことに。

 

弁証:
腎気虚と瘀血

 

治法:
補腎気、活血化瘀

 

・初診
施術中から足先がポカポカしてくる。
施術後は足だけでなく、
体も軽くなる。

 

・2診
前回施術から2日後、
足腰の痛みは⑩→④に軽減。
痛みが軽くなった分、
グッスリ眠れたとのこと。

 

・3診
前回から4日後、
足腰の痛みは④のまま現状維持。
夜間尿に毎日行っていたが
最近夜間尿で起床することが無くなった。
そのため、朝までグッスリ眠れている。

 

坐骨神経痛

 

・4診
前回から13日後。
2〜3日前に痛みがきつかったが
一晩寝たら⓪になって改善していた。

 

自力で回復できる体に調ってきて
経過良好なため、
定期的な施術は卒業して頂きました。

 

・施術回数
4回

 

・頻度
徐々に間隔を空けて診ました。

 

・期間
約3週間

 

・その後も調子良さそうと
人伝に聞いてます。

お友達も紹介して頂きましたね。
また、しんどくなったら
診させて下さいね!

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG