【治療日誌】鬱症状 No.1

鬱症状

主訴:鬱症状

 

普段は違う主訴で診ている方だが
最近、鬱のような状態に
陥りそうだったので
ここ1週間は詰めて診させて頂いた。

 

2週間程前〜先週にかけて
約10日間ほど来院できていなかった。
(いつもは週2日ペース)

用事が立て込んでバタバタしていて
途中、吐き気や胸が苦しくなり、
寝込んだ日があった。
他にも諸々不安が募っていた状態で、
電話口で相談を受けた。

 

吐き気と胸の苦しさは
電話受けた4〜5日前の
出来事だったらしく
症状は1日のみ。

細かく事情を聞いたところ、
様々な事情が重なって出た
ことによるものと確認。
ともかく翌日来院してもらうことに。

 

翌日、来院された患者さんは
気色に艶がなく、髪型は乱れ

目は虚(うつろ)でボーとしている。
正気は弱々しくなっているが、
胸や喉の痞えなど
様々な滞りも多数診受けた。

詳細は割愛するが、
人間関係が大いに関係しており、
その相手のことで
多忙を極めていたとのこと。

気虚血瘀と診立て
補気活血を施す。

月・火・木と続けて診たことで
大分、気色も良くなり
動けるようになってきた。

これからも、
人間関係で難しい状況は続くが、
体が楽になれば精神状態も
良いまま維持できるので、
忙しくても通院してもらうよう
お願いした。

つづく

 

>

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG