【治療日誌】足関節の痛み・アトピー性皮膚炎(4) No.1

足関節の痛み・アトピー性皮膚炎

主訴:
足関節の痛み・アトピー性皮膚炎

 

初診

足関節の痛み

 

足関節は、骨折を機に痛みがひかず
普通に歩けるが、小走り×、長時間立つ×
で、足関節の奥が痛くなってくる。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は
社会人になってから発症。
全身の痒みがあり下肢の赤みが目立つ。
顔や首、腕〜手にかけては
赤みはきつくないが、
乾燥してピンクがかっている。
運動する習慣があったが、
足を骨折して以来、運動しなくなる。
運動しなくなって
痒みが酷くなってきた。

(運動してる時は痒みマシだった)

優先順位としては、
足関節の痛みを取り除き、
運動しても痛くないよう整える
ことがアトピー性皮膚炎の改善にも
繋がってくる。

 

(問診事項は割愛)

 

四診から、
もともと気滞がベースがあり、

骨折を機に血絡が遮られたものと考察し
気滞血瘀と診立て施術。
施術後は一身の気が抜けて脱力感と
血行が良くなり体ポカポカしていた。

足の痛みが取れれば良し、
また、気滞もマシになって
気機が巡り肌も潤えばなお良し
ではあるが、ひとまず足の調子の
変化を診てもらう。

つづく

 

 

 

>

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG