【治療日誌】背中〜腕の張り

主訴:背中〜腕の張り

※普段、違う主訴で
月1回ペースで診ている患者さんです。

背中〜腕の張り

今回の主訴は
背中〜右前腕にかけての張りで、
頭を下に向けると
張りをきつく感じる。

この方の場合、
コロナ禍になってから
ずっとテレワークなので、
慢性的な運動不足と
普段くつろぐ空間のはずの自宅が
職場になってしまい、
仕事が終わっても
緊張を解くことができず、
自宅にいるのに
寝ても覚めても仕事モードが
解けないようになってしまっている。

テレワークだと
出勤する手間がないため
身体的には楽チンだが、
自宅が職場になることで
プライベートと仕事モードの
精神的な切り替えが
上手くいかなくなるデメリットがあり、
ここ3年くらいは
このような症例を多く診ます。

施術では肝鬱気滞を散らし、
普段は適度に家から出て
運動するよう養生指導しました。

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG