【治療日誌】鉄欠乏性貧血 No.1

鉄欠乏性貧血

主訴:鉄欠乏性貧血

・初診

鉄欠乏性貧血

血液検査の結果、
鉄欠乏性貧血と診断を受け
経口鉄剤を処方され服用するも
体のだるさは変わらない。
睡眠をしっかり摂っても
スッキリせず、瞼が重い。
唇の色が白くなってきたり、
最近は耳の閉塞感を感じるようになり
体質改善を求めて来院される。

 

(詳しい問診事項は割愛します)

 

四診してみても血虚より
脾胃虚弱の情報が多い上に
下焦で瘀血の反応も診る。

脾胃虚弱と瘀血がきついために
頭部や四肢末端に気血が巡らず
貧血様症状が出ている。

治法は補中益気と活血化瘀。
主従はまだ不明だが、
2つの治法を同時に施して
経過を診ながら施術方法を
組み換えていくつもりです。

施術後は気色に赤みが出てました。
次回は2週間後になるようなので
間が空いてしまうが
予約取って頂きました。

つづく

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG