【治療日誌】アトピー性皮膚炎(9) No.6

主訴:アトピー性皮膚炎

・16診(前回施術から4日後)

アトピー性皮膚炎

顔面部の赤みがきついが痒みはない。
夜になると耳介の中と耳裏にかけて
黄色で水っぽい滲出液が出る。

↓手足と体幹の肌の状態

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

手足や体幹も痒みはなく、
むしろ肌の調子は良好。
一番症状がきつかった
鎖骨辺りの痒みも無くなっている。
顔だけ赤く熱を帯びている状態。

水気のある滲出液が耳や体の側面、
胆経の流注の上部に出ている。
湿気の上昇と気温の上昇で
湿熱の邪を受け、肝胆に湿熱が
蘊結したものと考察し、
清熱利湿を施す。

つづく

 

↓今までの治療日誌はこちら
・No.1   ・No.2 ・No.3  
・No.4   ・No.5

↓アトピー性皮膚炎の症例はこちら
症例集

↓アトピー性皮膚炎の体験談はこちら
体験談

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG