【書籍紹介】淮南子

淮南子

『淮南子』
出版:明徳出版社

淮南子は
さまざまな中国思想が盛り込まれており、
『老子』と『荘子』をあわせた
「老荘思想」が色濃く反映されています。
また古代中国人の宇宙観も示されている書物で
人間の問題を宇宙や天地の創造
からはじめようとしております。

機械的に人間を診るのではなく、
生体として人を診るためにも
こういった思想書から哲学を学ぶことは
大きな意味を持ちます。

老荘思想に基づいた処世術も説いているので
興味のある方は是非。

関連記事

『中医名言大辞典』出版:中原衣民出版社その名の通り、歴代医家達による古医書からの名言を集めた辞典です。辞典なので、これを読んで勉強するというより、勉強していて気になったことがあれば歴代医家達はどう考察していた[…]

中医名言大辞典

関連記事

『アンリ・カルティエ=ブレッソン展』世界的な写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンの"画集"です。中身を見ると1989年に開催されたアンリ・カルティエ=ブレッソン展の図録のようです。図録の中の解説を見てみると[…]

アンリ・カルティエ=ブレッソン展

関連記事

『やさしい中医学入門』出版社:東洋学術出版社タイトルの通り、中医学の入門書で"やさ中(ちゅう)"とも呼ばれてます笑専門用語がわからないゼという初学者の方にオススメです。イラスト付きで読みやすいですよ。[s[…]

やさしい中医学入門

関連記事

『中医臨床のための中薬学』出版:医歯薬出版株式会社以前紹介した『中医臨床のための方剤学』とセットで必要な書籍で、方剤に使われている生薬について詳しく解説してます。各方剤に関して詳しく調べたい場合や、方[…]

中医臨床のための中薬学

>

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG