【書籍紹介】アンリ・カルティエ=ブレッソン展

アンリ・カルティエ=ブレッソン展

『アンリ・カルティエ=ブレッソン展』

世界的な写真家
アンリ・カルティエ=ブレッソンの
“画集”です。

中身を見ると1989年に開催された
アンリ・カルティエ=ブレッソン展の
図録のようです。

図録の中の解説を見てみると
彼は写真家になる前、
有名な画家の下で
絵の勉強をしてたようです。
作品には
目の当たりにした景色や人物を
ササっと描いたであろう
素描・スケッチが多く、
後に彼が撮る作品に
活かされたのかなと思います。

絵画を見る時、個人的に
スケッチや未完成の作品を見るのが
好きなので、これを見た時
古書店で衝動買いしてしました。

ブレッソンの写真集は沢山ありますが、
画集はなかなかお目にかかりません。
当院の待合室に置いておりますので
気になる方は是非見てみて下さい。

 

関連記事

『やさしい中医学入門』出版社:東洋学術出版社タイトルの通り、中医学の入門書で"やさ中(ちゅう)"とも呼ばれてます笑専門用語がわからないゼという初学者の方にオススメです。イラスト付きで読みやすいですよ。[s[…]

やさしい中医学入門

関連記事

『中医臨床のための中薬学』出版:医歯薬出版株式会社以前紹介した『中医臨床のための方剤学』とセットで必要な書籍で、方剤に使われている生薬について詳しく解説してます。各方剤に関して詳しく調べたい場合や、方[…]

中医臨床のための中薬学

関連記事

『中医臨床のための方剤学』出版:医歯薬出版株式会社各方剤についての効能、主治、病についての病機と方意など細かく分析し説明し、古医書から抜粋された説明文を用いて詳しく解説しており、東洋医学従事者にとっては必[…]

中医臨床のための方剤学

関連記事

『中医病因病機学』出版社:東洋学術出版社中医学の学術体系を基礎にし、あらゆる病因・発病・病機に関わる理論が集約されたゴリゴリの専門書です。ガッツリ学びたい方にはオススメの書籍です。[sitecard […]

中医病因病機学

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG