【治療日誌】急な身体の衰え No.5

主訴:急な身体の衰え

6診(前回施術から1週間後)

身体の衰え

週1回ペースで来ているが、
ここ最近は身体的にとても良い状態で
経過を辿っている。

年末に異動があり、
生活リズムがガラッと変わることを
不安視することが増えてきては、
やる気を出してキビキビと
仕事に励んだりと
両極端に波があるとのこと。

元々、考え込んだり
落ち込みやすい性格のようで、
いつもならそのままズルズル
塞ぎ込むところだが、
何とか自力でやる気を出せるように
なっている。

生活していれば、
不安感ないまま過ごすことは
不可能に近いです。
不安感を原動力にして
行動に転じることが大事でして、
不安→行動力に変換する
気力・精神力が体に備わっているか?
が重要なポイントになってきます。
要は、体が元気に充実していれば
不安があっても切り替えが早く
行動できるわけです。

この方も、
まだ補強するポイントはありますが、
体は強くなってきているので
クヨクヨすることがあっても
早く切り替えができるように
なってきたかと考えられます。

つづく

 

↓今までの治療日誌はこちら
【治療日誌】急な身体の衰え No.1
【治療日誌】急な身体の衰え No.2
【治療日誌】急な身体の衰え No.3
【治療日誌】急な身体の衰え No.4

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG