【治療日誌】脱毛症 No.2

脱毛症

主訴:脱毛症

3診(前回施術から1週間後)

脱毛症

脱毛のピークは過ぎたようで
抜け毛の量が減ってきた。

前額部に少し円形脱毛が見つかり、
全体的な脱毛症と、
部分的な円形脱毛症について
分けて考えるべきか?
同じ線上で考えるべきか?
弁証論治を改めてみる。

もともと、母や祖母も
髪が細く抜けやすかったようで
遺伝的な要素が基礎としてある。
円形脱毛は瘀血から来ることが
多いが、瘀血は瘀血でも虚実を分けて
気滞から派生するパターンか
気虚から派生するパターンがある。

この方の場合は、
過去に気滞血瘀からくる円形脱毛の
前例が何回かあったが、
今回はコロナに罹患したことを機に
肝腎脾を傷り、気虚血虚に陥った
可能性が高いので、
瘀血は瘀血でも気虚ベースの
可能性をみる。

なので、円形脱毛は今の弁証の
延長線上と捉え気血を補っていく。

つづく

 

↓今までの治療日誌はこちら
【治療日誌】脱毛症 No.1

 

>

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG