【治療日誌】アトピー性皮膚炎(8) No.1

アトピー性皮膚炎

主訴:アトピー性皮膚炎

・初診

アトピー性皮膚炎

アトピーの痒みは
幼少期から慢性的にあるが、
ここ1年間が特にきつかった。
今は乾燥した痒みだが、
酷い時は滲出液が出るほど
ジュクジュクした痒みだった。

 

(詳しい問診事項は割愛します)

 

一年通して痒みあるようだが、
肝鬱主体の痒み(血燥生風)と
湿熱主体の痒み(湿熱内蘊)が
混在している。
今の比重としては
肝鬱:湿熱=7:3

といったところか。
季節により比重が変わるだろうが、
今回は肝鬱を主体に鍼で処置する。

鍼が触れた瞬間から
お腹がグルグル動き、
施術後には体ポカポカして
よく気機が巡ってました。

つづく

 

↓アトピー性皮膚炎の症例はこちら
症例集

↓アトピー性皮膚炎の体験談はこちら
体験談

 

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG