【治療日誌】不明熱

主訴:不明熱

・初診(往診)

不明熱

患者さんは胎児の時に脳出血し
左半身が片麻痺のため拘縮している。
一度、心肺停止したことがあり、
一命を取り留めたが自発呼吸ができず
気管切開し人工呼吸器を装着している。
そのため、少しでも体調を崩すと
命の危険に見舞われる可能性がある。
今回も1週間近く38℃台の
発熱が続いていた為、
救急搬送されるが、
原因不明の発熱と診断され

解熱剤を投与し熱が36℃台に
引いたため入院せず帰宅。

帰宅後にまた38℃台の発熱が出たため
往診の依頼を受けることになる。

 

(詳しい問診事項は割愛します。)

 

今回の往診前に
身内の方を診てましたが、

カゼをひいて体調を崩していたので
カゼが移ってしまい
発熱していたと思われる。

ただ、
現状の発熱はカゼによるものではなく

(医師もカゼ症状ではないと診断)
四診で確認したところ
腎陰の損傷が激しく
虚熱が生じている。
実際、夕方~夜に熱が
昂っているようなので
滋補腎陰を施す。

脳の障害により喋ることができず
会話やジェスチャーでの意思疎通ができないので
四診で施術前と比較する。
脈診では弱かった脈が取りやすくなっており
腹診では上焦に偏った緊張が和らぎ、
切経では全身の筋緊張が緩んでいた。
望診で表情を見ていると、
施術直後から
目がトロンとなり
気持ちよくなっていたので
初診の施術を終える。

 

その後、親御さんから
“施術直後から熱が引いてゆき
平熱になって穏やかに過ごしている”と
ご報告を頂きました。

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG