【治療日誌】潰瘍性大腸炎 No.7

主訴:潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎による症状は
ここ何ヶ月も出ていない。
婦人科の調子が安定してない為、
最近はそれを主訴として診ている。

否、主訴を切り替えたというより
元来 昔からある婦人科の不調が
近くにある大腸に影響し、
潰瘍性大腸炎になったので、
月経周期や生理痛などの
婦人科を整えることが
潰瘍性大腸炎の予防になっております。

大腸の病だからといって、
原因は大腸とは限らないぞ
と診立てるのが東洋医学の
醍醐味でございます。

 

↓今までの治療日誌はこちら
【治療日誌】潰瘍性大腸炎 No.1
【治療日誌】潰瘍性大腸炎 No.2
【治療日誌】潰瘍性大腸炎 No.3
【治療日誌】潰瘍性大腸炎 No.4
【治療日誌】潰瘍性大腸炎 No.5
【治療日誌】潰瘍性大腸炎 No.6

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG