【治療日誌】脱毛症 No.6

脱毛症

主訴:脱毛症

・10診(前回施術から15日後)

脱毛症

家の用事で外出することが多く、
多忙な日々が続き疲労困憊していたが
脱毛はマシな状態が継続。

食の好みが少し変わったようで、
以前まで塩っぱい食べ物を
よく食していたが、
最近は甘い物をよく食べている。
塩っぱい食べ物を好んでいる時は
甘い物が食べられなかったが、
体が欲する味が変わる。

東洋医学では、
“酸・辛・甘・苦・鹹(塩辛い)”
の五味を臓腑に配当して考えます。
(詳しい説明文を作ってみましたが、
長くなったので割愛します笑)

好む味が違ってきたということは、
臓腑のパワーバランスも
以前とは違ってきたこと
を意味するので、
これが何を意味するのか?
を注意して診る必要があります。

また、臓腑弁証だけでなく、
六経弁証でも少し様相が
変わってきたので、
施術方法を大きく変えていきました。

つづく

 

↓今までの治療日誌はこちら
・No.1 ・No.2 ・No.3   
・No.4 ・No.5

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG