【治療日誌】コロナ後遺症(7) No.4

主訴:コロナ後遺症

・16診(前回施術から4日後)

コロナ後遺症

倦怠感自体は回復し部活動にも復帰したが
咽の炎症と副鼻腔炎のため
抗生物質を4~5日服用した際に
また倦怠感が出てきたので
再び部活動を休むことになる。

抗生物質の服用を終えると
再び回復傾向になり
体の倦怠感マシになってきたので
運動を再開した。

今回は抗生物質といった強い薬を服用し
胃が荒れてしまい
また倦怠感に陥ってしまった模様。
したがって、コロナ関係なく
胃の調子次第で倦怠感に陥ってしまう
ことが証明されたので、
この方の場合、平素より弱かった
脾胃を強く鍛錬していくことが

治療の本意になる。
(厳密に言えば脾胃だけを鍛えるのでなく
他臓腑も意識して診ていくことが重要)

つづく

 

↓今までの治療日誌はこちら
・No.1 ・No.2 ・No.3

↓コロナ後遺症の症例はこちら
症例集

↓コロナ後遺症の体験談はこちら
体験談

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG