【治療日誌】有痛性筋痙攣(こむら返り)No.2

有痛性筋痙攣(こむら返り)

主訴:
有痛性筋痙攣(こむら返り)

・前回施術から1週間後

有痛性筋痙攣(こむら返り)

前回施術後、
夜間のこむら返りは出ていない。
職場(立ち仕事)が
底冷えするようなので、
仕事終わりに攣りそうになるが
以前のように酷くはない。

“普段から脚を温めるべきでしょうか?”
という質問がありました。
この方の場合は、
運動して体の内側から暖まる分には
問題ないが、
外側から患部を温めることで
冷えは緩和しても
根本的な改善はしないです。
“冷え”だけが原因ではなく、
ストレスや疲労なども重なって
症状が出ているため、
原因に合わせた対策が
必要になってきます。
とお伝えしました。

 

↓今までの治療日誌はこちら
・No.1

 

↓治療日誌のつづきはこちら
・No.3   ・No.4 ・No.5

>

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG