【治療日誌】有痛性筋痙攣(こむら返り)No.3

有痛性筋痙攣(こむら返り)

主訴:
有痛性筋痙攣(こむら返り)

・前回施術から1週間後

有痛性筋痙攣(こむら返り)

久しぶりに夜中に
1度だけこむら返りする事があった。
問診すると、”前日に長時間歩いたせい”
と伺うが、切経してみても
情報と反応が符号しない点があるので
もう少し突っ込んで聞くと

“理不尽な事情により
長時間歩かざる得ない状況だった”
とのこと。
四診から気滞血瘀の反応があり、

歩き過ぎによる筋疲労というより、
ストレスから来る症状ではないか
と考察する。

むしろ、よく歩いた為、
(普段 運動はほとんどしていない方です)
結果的に良い運動になり
夜間のこむら返りも

1回で済んだ可能性がある。

このように、表面的な
問診の情報のみで証立てせず
切経の反応を診て改めて問診し、
四診合参することが

大事になってきます。

つづく

 

↓今までの治療日誌はこちら
・No.1 ・No.2

↓治療日誌のつづきはこちら
・No.4 ・No.5

 

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG