なぜ様々な疾患を診ることができるのか?

伝統鍼灸とは?

 

よく
“◯◯病専門”と謳っている
鍼灸院・鍼灸接骨院を見受けます。

 

 

疾患を限定することで
◯◯病の専門家が存在しているような
宣伝をしていますが、
本来の東洋医学は
そんな◯◯病に特化した

医学ではありません。

 

 

東洋医学では、
全ての病は人間の内側の不調により
発する物であると考えおります。

内側というのは五臓六腑のことです。

 


分かりやすく言えば、

一つの社会が体の中で
営まれているとお考えください。

 

物を生産する臓器があれば
それを流通させる腑があり、
会社のように上から指示する臓器があったり、
せっせとゴミを排泄する腑があったりします。

 

これら五臓六腑の連携がうまくいくと
体の隅々まで栄養し、
健康に体が動いていくわけです。

 

 

逆に、
臓腑のどこかの機能が滞ったり、

機能が弱ってくると
「体を栄養できてないよ〜」
というサインが出てきます。

 

 

それが痛みであったり、凝りであったり、
痺れ違和感であり、
それを長年放置していると
様々な疾患として形になっていきます。

 

 

世の中には色んな病がありますが、
人間の根っこの部分である
五臓六腑の連携状況や状態を診て把握し、
患者さんの体に合わせた
施術方法を築くことができれば

どれも改善に導くことができるわけです。
従って、
私は五臓六腑の状況・状態を診る

スペシャリストであるため
◯◯病専門と謳わず、
様々な疾患を診ますよと謳っているわけで
伝統鍼灸と名乗る理由がここにあります。

 

 

◯◯病専門と世界を狭くするのは
東洋医学の理念に反しており、
本来の東洋医学の世界は
もっと広く深く、

無限の可能性を含んでおり
過去の名医達があらゆる疾患に
立ち向かい
研究に取り組んできました。
下記に現代の西洋医学と
比較してご紹介したいと思います。

 

顔面神経麻痺

三叉神経痛

自律神経失調症、うつ病

不眠

過眠症

睡眠時無呼吸症候群

メニエール病、めまい、良性発作性頭位めまい症

緊張性頭痛、偏頭痛、群発性頭痛

脳卒中の後遺症

関節リウマチ

パーキンソン病

胸郭出口症候群

変形性股関節症

変形性膝関節症、膝の痛み

足底腱膜炎、モートン病

肩こり

四十肩、五十肩、肩関節周囲炎

腱鞘炎・ばね指

手根管症候群(正中神経麻痺)

坐骨神経痛、腰椎すべり症、
腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア

下肢静脈瘤

胃の痛み、胃腸炎

逆流性食道炎

肋間神経痛

便秘

下痢

潰瘍性大腸炎

肝炎

手掌紅斑

バセドウ病

橋本病

糖尿病

痛風

・貧血

浮腫

痔核・裂肛・痔瘻

膀胱炎

・膣炎

・IgA腎症

全身性エリテマトーデス
(SLE)

前立腺肥大

勃起障害(ED)

更年期障害

乳腺炎

生理痛、月経困難症、PMS

月経不順

無月経

子宮筋腫

冷え性

悪阻

不妊

逆子

習慣性流産・不育症

中耳炎、突発性難聴、感音性難聴、
急性低音障害型感音難聴、耳管開放症

アレルギー性鼻炎

副鼻腔炎

嗅覚障害

眼瞼下垂

眼精疲労

結膜炎

麦粒腫、霰粒腫

夜泣き、疳の虫

夜尿症

・摂食障害

食欲不振

摂食嚥下障害

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)

気管支喘息、小児喘息

アトピー性皮膚炎

手湿疹

乾癬

尋常性ざ瘡(ニキビ)

多汗症

帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛

円形脱毛症、全頭脱毛症

耳下腺炎

味覚障害

舌痛症

顎関節症

歯ぎしり

・幻肢痛

 

こちらに掲載していない病であっても
診させて頂いておりますので
御体のことは何でもご相談下さい。

 

 

鍼灸についてのQ&Aはこちら
Q&A

"是非、施療を受けてみたい!"
施術希望される方や
"自分の症状でも診てもらえるのか不安…"
という方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG